ダライ・ラマ、米ミネソタ州の病院に入院

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世=2012年4月

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世=2012年4月

(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(80)が、検査を受けるために米ミネソタ州の病院メイヨー・クリニックに入院した。広報担当者が27日、CNNに明らかにした。入院に至った経緯や退院のめどについては明らかにしていない。

チベット亡命政府などは25日の時点で、ダライ・ラマが米国の医師の勧めに従って、10月に米国で予定していた講演などの日程を中止したと発表していた。定期健康診断の結果、数週間の静養が必要と診断されたという。

ダライ・ラマは10月17日からコロラド、マサチューセッツ、ペンシルベニア、ユタの各州で講演などを予定していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]