メキシコ麻薬王脱獄 脱獄時の動画公開、独房の隅から消える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱獄時のビデオが公開に

(CNN) メキシコ最大級の麻薬組織、シナロア・カルテルの最高幹部ホアキン・グスマン受刑者がメキシコ市郊外にある刑務所から脱獄した事件で、当局は16日までに、脱獄時の様子を撮影したとされるビデオ映像を公開した。

刑務所の独房の内部を服を着たまま歩くグスマン受刑者。部屋の隅にあるシャワーの区画の壁の向こうでしゃがみ何かをしている様子が撮影され、その数秒後に、ベッドに座り靴を履き替える。グスマン受刑者がもう一度シャワーのところへ戻りしゃがみ込むと、再びカメラの前に姿を現すことはなかった。

メキシコのオソリオ内相によれば、同受刑者の独房は24時間監視カメラが回っていたが、プライバシーのため、トイレとシャワーについては撮影されない場所があったという。

グスマン受刑者の居場所はつかめていない。メキシコと米国の国境付近で、両国が捜索を続けている。

オソリオ内相によれば、刑務所の職員が脱獄を手助けした可能性が高い。同刑務所の所長などはすでに解雇されている。また、少なくとも49人が脱獄に関連して取り調べを受けている。

メキシコ当局は、拘束につながる情報に対して、380万ドル(約4億7000万円)の懸賞金を用意している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]