ヒョウが車上のガイド襲う、観光客が撃退で協力 南ア公園

(CNN) 南アフリカにあるクルーガー国立公園当局は4日までに、観光客を乗せた車両を園内で運転していたガイドが「ヒョウ」1頭に襲われ、負傷したと発表した。傷の程度は不明だが、腕部分に飛びかかられていたという。

騒ぎは2日午後、ガイドが屋根のない車両を運転し、複数のヒョウのそばを通り過ぎた際に発生。このうちの1頭は約2メートル離れていたが、車に乗っていた6~8人がその居場所を見失っていた。

ヒョウはその後運転手席に近付き、飛びかかったという。同公園によると、これを見た乗客全員が持参していたものでヒョウの体をたたくなどしてガイドの救出に努めた。別の車両のトラックを運転していた観光客も急行してきて、車体を使ってヒョウを追い払おうとしたという。

クルーガー国立公園は南アで最も有名な動物保護区となっており、観光客は毎年約100万人に達している。

同国ハウテン州にある「ライオンパーク」では先月、車内の窓から写真撮影していた米国人の観光客がライオンに襲われて死亡する事故も起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]