ロシアに「ディズニーランド」軍事版登場 兵器を多数展示

ロシアで自国の兵器や軍事技術を紹介するテーマパーク「愛国者公園」がオープンした

ロシアで自国の兵器や軍事技術を紹介するテーマパーク「愛国者公園」がオープンした

ロシア・クビンカ(CNN) ロシアのプーチン大統領は18日までに、首都モスクワ郊外に同国の兵器や軍事技術を大々的に展示した「愛国者公園」を開園させた。

ロシアは最近、国際社会に自らの軍事力を誇示する動きが目立ち、国内ではこれを支持する愛国心の高まりも感じられる。同公園の誕生はこの国内の空気をにらんだものとの見方もある。

広大な同公園には数万人規模が詰めかけていた。園内にはヘリコプター、ミサイル、戦車、船舶は潜水艦などが並べられている。いわば「ディズニーランド」軍事版を思わせる施設で、若者の客層などにロシア軍の「格好良さ」を印象づける狙いがあるとみられる。

入場者の大半は家族で、息子と一緒に訪れていた父親はCNNの取材に「ロシアを負かすことは出来ない。そのことを息子に学んで欲しい」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]