米国が抗議、偵察機にロシア軍機が「異常接近」 バルト海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米軍偵察機に対してロシア軍戦闘機が危険な接近行為を行ったという

米軍偵察機に対してロシア軍戦闘機が危険な接近行為を行ったという

(CNN) 米国防総省は12日までに、ポーランド北方のバルト海上空で今月7日、米軍偵察機に対しロシア軍戦闘機が危険で慣行に反する接近行為などを行ったとしてロシア政府に抗議する方針を明らかにした。

同省のライト報道官によると、2機の遭遇はバルト海上空の国際空域で発生。ロシア軍のSU27型戦闘機が米軍偵察機RC135U型機に対し、至近距離で高速飛行を行う挑発的な行動を仕掛けたとしている。

ロシアの国営通信スプートニクは、同国国防省報道官の発言として、米軍偵察機は航空機間で応答する信号装置を作動させず、ロシア領空へ進んでいたと報道。戦闘機は偵察機周辺を複数回飛行し、尾翼に記される識別番号の確認に努めたとも伝えた。

これに対し米軍の欧州軍司令部当局者は信号装置が切られていたとの主張は事実ではないと反論。米国防総省と国務省は外交チャンネルを通じ適切な対抗措置を講じると述べた。

ロシア周辺空域でのRC135UとSU27の遭遇に関わる論争は今回が初めてではない。太平洋西部のオホーツク海では1年前、ロシア軍機が約30メートルの距離まで近付き、米政府当局者は過去数十年で最も危険な接近飛行と反発していた。国防総省はロシア軍に抗議していた。

米軍機とロシア軍機が空中でにらみ合う事態は欧州北部、ロシアの極東部地方や米アラスカ州近くなどでしばしば発生している。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]