バヌアツの死者24人に、離島にも重大な被害か

バヌアツの現状は

バヌアツ・ポートビラ(CNN) 南太平洋のバヌアツを直撃した大型サイクロン「パム」で、国連人道問題調整事務所(OCHA)は16日までに24人の死亡が確認されたと発表した。首都ポートビラには各国からの救援チームが到着しているが、多くの島では通信網が断たれ、3日たった16日現在も被害の全容は分かっていない。

パムは13日から14日にかけて、80あまりの島々から成るバヌアツを縦断した。16日に首都ポートビラに入ったCNN取材班は、100人以上が避難する教会や、樹木が真っ二つに裂けたり葉がなぎ払われたりした渓谷などの様子を目の当たりにした。

ポートビラに住む男性は、河川が氾濫(はんらん)して近所の教会の塀を押し破り、自宅に泥水が押し寄せたため、13日深夜に暴風が吹き荒れる中で避難を余儀なくされたという。腰まで水に浸かりながら高台にたどり着き、停めてあったワゴン車に避難。家族は事前に市内の避難所に逃れていたため無事だった。

15日にはがれきと化した自宅の上に一時しのぎ用の小屋を建てたが、一家の食事は友人からもらったバナナ1束のみ。娘は泥の中からシャツ1枚を掘り出した。一帯に住む住民もみな、同じような状況にある。

災害対策当局によると、ポートビラで16日までに確認された負傷者は30人。それ以外の地域や島での死傷者数は分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]