賃金不払いストでエボラ犠牲者の遺体遺棄 シエラレオネ

シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

シエラレオネ・フリータウン(CNN) エボラ出血熱が流行している西アフリカのシエラレオネで、死者の埋葬のため衛生当局が雇用した労働者が、手当ての不払いに抗議してストを展開し、15人の遺体を路上に遺棄した。

労働者側は、週100ドル(約1万1800円)の危険手当てが7週間前から支払われていないとしてストに突入した。エボラ熱は患者の体液を通じて感染することから、死者の埋葬作業は危険が伴う。

24日には一部の遺体が病院前に遺棄され、病院への人の出入りを阻止。病院の管理棟前にも別の遺体が放置された。

このため赤十字が対応に乗り出し、25日までに遺棄された遺体をすべて回収した。

同国の国家エボラ対策センターは、ストにかかわった労働者をすべて解雇すると発表した。

エボラ出血熱の患者はシエラレオネ、リベリア、ギニアの3カ国に集中している。世界保健機関(WHO)の21日の統計によると、この3カ国の感染者は1万5000人、死者は5000人を超えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]