イラクで油田奪取のイスラム過激派、密売で1日2億円稼ぐ

(CNN) イラクのエネルギー問題の専門家は24日までに、同国北部やシリアなどで台頭するイスラム教スンニ派の過激派「イスラム国(IS)」がイラクで奪取した油田の原油を密輸し、1日当たり少なくとも200万米ドル(約2億800万円)を稼いでいると指摘した。

約1カ月前には100万ドル相当だったが、その後、制圧した油田が増えていた。年間では7億3000万ドル以上となり、同組織によるイラク内外での活動の十分な資金源になっていると述べた。

この専門家はイラクのエネルギー協会の創設者で、同国議会でエネルギー政策や経済改革で上席顧問を務めるルアイ・ハティーブ氏。米シンクタンク「ブルッキングス研究所」が中東カタールのドーハに設けた研究機関の客員研究員も務めている。

CNNとの会見に応じた同氏によると、ISが押さえている油田の産出量は日量約3万バレル。イラク北部の石油産業の中心都市キルクーク市や周辺地域を掌握する構えも見せており、実現した場合、手にする産出量は日量で数百万バレルになる可能性もある。

ISはこれら原油や精製品を密輸ルートを使ってタンク車で輸送。売却価格は低めに設定しているという。ヨルダンにはイラク・アンバル州を通じ、イラクにはクルド自治地域、トルコにはモスル経由で流している。シリアの地方市場やイラクのクルド地域にも運び込んでいる。

シリア内には小規模な石油製品の精製所も持つ。精製品はISに届けられ、支配地域やイラク、シリアで売られているという。この他、ISの軍事作戦に回される分もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]