男性がワニに襲われ死亡 オーストラリアの人気観光地

「マイケル・ジャクソン」と呼ばれていた顔面の色が薄い特徴的なワニ

「マイケル・ジャクソン」と呼ばれていた顔面の色が薄い特徴的なワニ

(CNN) オーストラリアの北部準州で、川で釣りをしていた男性がワニに襲われて死亡した。この川は、大型のワニが餌を目がけて飛び跳ねる「ジャンピング・クロコダイル」クルーズで有名な観光名所だった。

北部準州警察によると、男性(57)は18日午後5時半ごろ、アデレード川で妻と釣りをしていて釣り糸が絡まったため、川の中に入ってワニに襲われたとみられる。

レンジャーなどが体長4.5メートルのワニを射殺し、近くで男性の遺体を発見した。

同地で20年の観光ガイド経験を持つピーター・ソルトマーシュさんは、今回のようなことが起きたのは初めてだと話し、「ここにはたくさんのワニがいるが、それほど問題は起きていない。たくさんのクルーズがあって、警告標識も多数あり、周知も行き届いている」と語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]