米国人ジャーナリスト殺害の映像、イスラム過激組織が掲載

ISISが米国人記者殺害か

(CNN) イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(旧イラク・シリア・イスラム国=ISIS)」が、2012年にシリアで行方不明になっていた米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーさんの首をはねて殺害する映像を、動画共有サイトのユーチューブに掲載した。

この映像には別の米国人ジャーナリストについても、オバマ大統領がイラクでの軍事作戦を中止するかどうかに生命がかかっていると脅迫する内容が含まれていた。

映像の中でフォーリーさんは地面の上にひざまずいた姿で「真の殺人者」は米国だとする声明を読み上げさせられ、「もっと時間が欲しかった。解放されてもう一度家族に会いたかった」と言った後に、首をはねられた。

米国家安全保障会議(NSC)広報はこの映像について真偽を確認中だとしたうえで、「もし本当だとすれば、罪のない米国人ジャーナリストの惨殺に身の毛がよだつ」と述べた。

フリーランスジャーナリストのフォーリーさんは12年11月、シリア北西部のトルコとの国境付近で武装集団に拉致されたと伝えられていた。当時は米ニュースサイト「グローバルポスト」と契約していた。

問題の映像には、別の米国人ジャーナリスト、スティーブン・ソトロフさんとみられる男性も映っていた。武装集団は、ソトロフさんの生命はオバマ大統領の次の行動次第だと警告している。ソトロフさんは米誌タイムやフォーリン・ポリシーと契約しており、2013年にシリアとトルコの国境付近で拉致されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]