台風8号、九州に接近 沖縄に暴風雨

宇宙から見た台風8号=ESA/NASA提供

宇宙から見た台風8号=ESA/NASA提供

香港(CNN) 台風8号(ノグリ)は8日、沖縄に接近して暴風雨をもたらした。9日にかけて勢力をやや弱めながら九州に接近しており、気象庁などは豪雨に対する警戒を呼びかけている。

米CNNの読者投稿型サイト「iReport」に投稿した沖縄在住の女性は、「貨物列車が向かってくるような風の音がした」「同じ部屋にいる人の声が聞こえないほどだった」と伝えた。この女性は6階に住んでいて、強風で建物が揺れ、車が30センチほど動いたと話している。

沖縄電力によれば、台風の影響で少なくとも10万6100世帯が停電した。約60万世帯に避難勧告が出されたが、実際に避難したのは1000世帯に満たなかった。沖縄の主要空港は閉鎖され、学校は休校、商店なども休業した。

米軍嘉手納基地は8日午前、同基地に所属する兵士や家族に対し、屋外での活動禁止を通達した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]