世界の成人4人に1人が反ユダヤ主義 国際調査

ホロコーストについて聞いたことがあったのは約半数だった

ホロコーストについて聞いたことがあったのは約半数だった

(CNN) 反ユダヤ主義への反対運動を進めている米団体は15日までに、全世界の成人4人に1人が反ユダヤ主義に強く染まっていることが判明したとの国際調査結果を公表した。

ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を聞いたことがあるのは約半数で、ユダヤ人の歴史的事実が正しいと判断しているのは3分の1だったなどと報告した。

調査は「名誉毀損防止連盟」(ADL)が世論調査機関に依頼して実施した。世界の成人を対象にした反ユダヤ主義に関するこの種の調査は初めてとしている。調査の対象国は世界の成人人口の88%を抱える計102カ国の成人5万3100人だった。

ADL幹部は声明で、反ユダヤ主義が今日、世界中でいかに根強くまん延しているかの実情を初めて思い知ったと述べた。

調査は各国の地元言語を使用して実施され、質問項目にはユダヤ人は国際市場、国際メディアや米国政府に強い影響力を及ぼしているとの通念の真偽を問うものなどが含まれた。また、ユダヤ人は世界で発生した戦争の大部分に責任があるのかとも質した。

その上で、ユダヤ人に関する否定的な固定観念の11項目のうち少なくとも6項目を信用する調査対象者の数を計算した。この結果、中東と北アフリカ諸国では74%が信じると応じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]