絞首刑後に「生存」判明、再執行はせず イラン

(CNN) イランで絞首刑を執行され、医師の死亡宣告を受けたにもかかわらず、その後生存が判明した男をめぐり、同国法相は24日までに、死刑の再執行はないと表明した。イラン国営通信(IRNA)が伝えた。

地元紙の報道によれば、死刑囚の男は37歳。違法薬物1キログラムを所持していた罪で死刑判決を受けていた。

死刑は9日に執行され、男は12分間にわたって首をつられた状態になった後、医師が死亡を宣告して安置所に運ばれた。

だが翌日、安置所の職員は男の体を包んでいたビニールの口に近い部分が息で曇っていることに気づいた。男は病院に運ばれ治療を受け、快方に向かっているという。

家族は刑の再執行をしないよう求めていたが、死刑判決を下した判事や聖職者からは当初、再執行すべきだという声が上がっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]