「女性が運転すると卵巣に損傷」、サウジ聖職者が発言

サウジアラビアでは女性による運転は実質的に禁じられている

サウジアラビアでは女性による運転は実質的に禁じられている

(CNN) 女性による車の運転が実質的に禁止されているサウジアラビアで、女性が運転すれば卵巣と骨盤に傷が付き、「臨床的問題」のある子どもが生まれる危険性があると聖職者が発言し、女性の権利を求める活動家などから失笑を買っている。

運転禁止を巡っては活動家が10月26日に抗議運動を計画し、ウェブサイトを通じて参加を募っていたが、活動家によれば、このサイトは28日以降、国内からアクセスできなくなったという。

問題の発言の主は聖職者のシャイフ・サレハ・アルロヘイダン師。ニュースサイトのインタビューに対し、「女性が車を運転すれば生理学的な悪影響が出る恐れがある。女性の卵巣に影響を及ぼし、骨盤が押し上げられることは、医学的研究で示されている」と語った。

同師はさらに、「車を継続的に運転している女性の子どもは、さまざまな程度の臨床的問題を持って生まれてくることが分かった」と述べている。

このインタビューは、抗議運動への参加意欲をそぐことを狙ったものと受け止められている。

しかし女性の権利保護を訴えている活動家は、「これは個人の見解であって、聖職者としての公式見解ではない」と一蹴。「(アルロヘイダン師は)自らの愚かさをさらけ出した。そもそも自分の専門からかけ離れた医学について言及すべきではなかった」と批判した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]