インド集団レイプ殺害事件、4人に死刑判決

ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーで昨年12月に女子学生(当時23)がバス車内で強姦され死亡した事件で13日、殺人罪などで有罪となった男4人に死刑が言い渡された。

11日に行われた量刑を決めるための審理で、検察官は「極端な残虐性」を理由に死刑が相当だと主張し、「力の弱い若い女性を拷問にかけるなど、これほど悪質な事件はない」と述べていた。

一方、被告人の弁護士は、「(こうした事件では)終身刑が決まりであり、例外的な場合にのみ死刑が適用されるということを裁判所は留意すべきだ」と寛大な判決を求めていた。

極刑を求める意見は被害者の遺族をはじめとして多くのインド国民からも聞かれる。審理が行われた日には裁判所の外で人々が集まり、「強姦犯に死刑を」と声を上げた。

この10年、インドでは死刑判決が下りても執行されるケースは非常に少ない。2004年以降、死刑が執行されたのは、昨年末に08年のムンバイ同時テロの実行犯が絞首刑になった1件のみだ。

だが人権活動家からは、インドの死刑執行に対する姿勢が変わったことを懸念する声が聞かれ、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの南アジア担当ディレクター、ミーナクシ・ガングリ氏は、「これまでインドは死刑を認めない立場を採ってきたが、この1年でその姿勢は大きく後退した」と語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]