米ロ大統領、G20で会談の機会 シリア問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プーチン露大統領(左)とオバマ米大統領

プーチン露大統領(左)とオバマ米大統領

ワシントン(CNN) オバマ米大統領とロシアのプーチン大統領は、ロシアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で会談の機会を持つ予定だ。ホワイトハウスが明らかにした。オバマ大統領は3日夜にワシントンを出発した。

米政権高官はこれまで、G20では米ロの首脳会談は行われないと説明していた。

しかし米国務省のケリー長官もシリア情勢に関する3日の米上院公聴会で、オバマ大統領とプーチン大統領がG20で会談の機会を持つと説明。シリアに対するロシアの関与についての質問に対し、「プーチン大統領から直接話を聞く機会は十分にある」「そのことについて話し合われると確信している」と語った。

米ロの間ではシリアの内戦をめぐって対立が続いている。オバマ大統領はシリアのアサド大統領が化学兵器を使ったと断定して議会に軍事介入の承認を要請。一方、シリアの同盟国ロシアは化学兵器が使われたかどうかも疑問だとの見方を示してきた。シリア政府は化学兵器の使用を否定している。

「アラブの春」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]