マララさんが国連演説 「すべての子どもたちに教育を」

マララさんが国連でスピーチ

(CNN) パキスタンで女性が教育を受ける権利を主張してイスラム武装勢力タリバーンの銃撃を受けたマララ・ユスフザイさんが米ニューヨークの国連本部で演説した。国連教育問題特使のブラウン前英首相は13日、マララさんの演説は世界の教育危機に立ち向かうための第一歩だと述べ、今後の取り組みに意欲を示した。

マララさんは16歳の誕生日に当たる12日に国連で演説した。昨年10月に銃撃を受けてから、公の場に登場したのはこれが初めて。

マララさんはこの中でタリバーンによる銃撃を振り返り、「かれらは銃弾で私たちを黙らせようとしたが失敗に終わった。そして沈黙の中から何千もの声がわきあがった」と語った。

タリバーンからはその後も脅迫を受けてきたが、復しゅうするつもりはないと強調。

「すべての子どもたちが教育を受ける権利を主張するためにここへ来ました。すべての過激派、特にタリバーンのメンバーの子どもたちにも、教育を受けてほしい」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]