北朝鮮、休戦協定の一方的破棄を宣言 安保理決議に反発

2013.03.12 Tue posted at 09:56 JST

[PR]

(CNN) 北朝鮮人民軍は11日、朝鮮戦争の休戦協定を破棄すると宣言した。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が伝えた。

人民軍最高司令部の報道官は「休戦協定は本日をもって完全に白紙化された」と述べ、理由として国連安全保障理事会が先週、北朝鮮への制裁強化決議を全会一致で採択したことを挙げた。「集団的な制裁はまさに北朝鮮への宣戦布告であり、戦争行為だ」と主張している。

朝鮮半島周辺では、米韓両軍が今月1日から2カ月の予定で実施中の合同機動演習「フォール・イーグル」に加え、11日には合同軍事演習「キー・リゾルブ」を開始した。北朝鮮はこれについても「公然たる宣戦布告だ」と非難。米国が演習の時期に合わせて安保理決議を「でっち上げ」、安保理の名の下に北朝鮮の存在と主権を脅かして「攻撃的目的」を果たそうとしていると述べた。

米軍は2月21日、北朝鮮側に対して、例年通り防衛的な合同演習を実施すると通告していた。

韓国の尹炳世(ユンビョンセ)新外交通商相は11日の就任演説で、朝鮮半島の安全保障情勢は「非常に深刻だ」との見方を示し、北朝鮮との信頼構築に努めたいと語った。

メールマガジン

[PR]