日本と中国、中国軍艦のレーダー使用めぐり非難の応酬

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

(CNN) 尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の海域で中国の軍艦が行った巡視活動をめぐり、日本の外務省は5日、駐日中国大使を外務省に呼んで正式に抗議した。

日本側は、中国の軍艦が日本の護衛艦とヘリコプターの位置情報を収集するためにレーダーを使ったとして非難している。この種のレーダーは、日本の装備を攻撃するために必要なデータ生成に使われる可能性がある。

小野寺五典防衛相は5日の記者会見で、中国の行動は極めて特異だと述べ、一歩間違えれば危険な状況に陥りかねなかったと強調した。

これに対して中国外務省報道官は、中国は自国の領海で定期的な巡視を行っていたものであり、日本に対して干渉しないよう要請したと反論、「現在の最優先課題は、日本が釣魚島の海域や上空に船舶や航空機を派遣するという挑発行為をすべてやめることだと考える」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]