なりすまし電話のDJ、涙の謝罪 英妃入院先の看護師の死で

病院の前には数多くの取材陣が

病院の前には数多くの取材陣が

(CNN) 英ウィリアム王子の妻キャサリンさんが入院していたロンドンの病院の看護師が、オーストラリアのラジオ局のDJにだまされた後に自殺したとみられる問題で、なりすまし電話をかけたDJ2人が10日、オーストラリアのテレビ番組に出演し、涙ながらに謝罪した。ラジオ局は同日、問題を引き起こした番組の放送を中止し、看護師の死に深い哀悼の意を表した。

謝罪したのはラジオ局2デイFMのDJ、メル・グレイグさんと、マイケル・クリスチャンさん。それぞれエリザベス女王とチャールズ皇太子になりすまして4日に英ロンドンの病院に電話をかけ、キャサリンさんの容体を聞き出した。7日になって、この電話を病棟に取り継いだ看護師のジャシンサ・サルダナさん(46)が死亡しているのが見つかった。サルダナさんは自殺を図ったとみられる。

番組の中でグレイグさんは「遺族に対して本当に申し訳なく思っている」と話し、クリスチャンさんも「私たちがやったことについて、心から申し訳なく思う」と謝罪。現在の心境について「ひどく取り乱し、混乱し、胸が張り裂ける思い」だと語った。

なりすまし電話のアイデアは、番組前の制作会議で出されたといい、病院に電話したのは自分たちだが、その内容を放送するかどうかの決定権は自分たちにはなかったと2人は強調。録音内容は親会社サザンクロス・オーステレオの審査を経て放送されたといい、「私たちの役割は、ただ音声を録音することだった」とクリスチャンさんは釈明する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]