英キャサリン妃入院先の看護師、偽電話応対で自殺か

病院の前には数多くの取材陣が

病院の前には数多くの取材陣が

ロンドン(CNN) 豪ラジオ局のディスクジョッキー(DJ)がかけた偽電話にだまされ、勤務先の病院に入院中だった英王室キャサリン妃(30)の情報を漏らしてしまった女性看護師ジャシンサ・サルダナさん(46)が死亡しているのが発見された。死因は自殺と見られる。勤務先のキング・エドワード7世病院が7日に明らかにした。

偽電話をかけた2人のDJは、エリザベス女王とチャールズ皇太子になりすまし、病院関係者からキャサリン妃の様子などを聞き出した。サルダナさんは、この偽電話を最初に受け、キャサリン妃のいる病棟に転送した。

病院によると、サルダナさんは4年以上前から同病院に勤務し、優秀で同僚からの信頼も厚かったという。サルダナさんには、夫と2人の子どもがいる。

キャサリン妃は、つわりで同病院に入院していたが、6日に退院した。ウィリアム王子とキャサリン妃はサルダナさんの悲報を聞き、深く悲しんでいるという。

偽電話をかけたDJが所属するシドニーのラジオ局は5日、「(電話は)軽い冗談のつもりだった」と謝罪した。同ラジオ局のホームページには、一部のリスナーから「これは単なる冗談だ」と偽電話を擁護するコメントも寄せられたが、サルダナさんの死亡が報じられると、「2人(のDJ)はオーストラリアの名誉を汚した」「この事件は、ウィリアム王子とキャサリン妃の妊娠の経験を暗いものにした」など怒りのコメントが殺到した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]