米国の反ユダヤ主義、「歴史的な水準」に FBI長官が警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米連邦捜査局(FBI)のレイ長官=10月31日、米ワシントンDCの米国議会議事堂/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

米連邦捜査局(FBI)のレイ長官=10月31日、米ワシントンDCの米国議会議事堂/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は10月31日、米国内の反ユダヤ主義が「歴史的な水準」に達しつつあるとの認識を示した。

同日開催された上院公聴会で述べた。反ユダヤ主義台頭の一因として、「ユダヤ人コミュニティーは立場を問わない様々なテロリストから標的にされる」と指摘。その中には欧米育ちの暴力的な過激派や、外国のテロ組織、米国内の暴力的な過激派も含まれると説明した。

米当局の統計によれば、ユダヤ人が米国社会に占める割合は約2.4%に過ぎないが、宗教に根ざしたヘイトクライム(憎悪犯罪)のおよそ6割がユダヤ人を対象にしている。

FBIはテロ対策の合同チームやヘイトクライムの捜査、情報共有といった法執行当局の取り組みを通じて、反ユダヤ主義の高まりに対処しているという。

レイ氏はヘイトクライムの増加に対する国民の懸念にも触れ、「パニックに陥る時ではないものの、警戒すべき時ではある」「通学や礼拝所通いなどの日常生活を中断すべきではないが、警戒を怠ってはならない」と説いた。

米国民から寄せられる情報や手掛かりは増えており、FBIは可能な限り積極的かつ責任感をもって脅威や手掛かりに対応しているという。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]