バイデン大統領の愛犬、警護官にまたかみつき 11回目か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイデン米大統領の愛犬コマンダーがまたかみつき騒ぎを起こした/Joshua Roberts/Reuters

バイデン米大統領の愛犬コマンダーがまたかみつき騒ぎを起こした/Joshua Roberts/Reuters

(CNN) バイデン米大統領夫妻の愛犬「コマンダー」が、ホワイトハウス内で米シークレットサービス(大統領警護隊)の一員にかみつく騒ぎを新たに起こしたことがCNNの取材でこのほどわかった。

コマンダーによる「かみつき事件」は知られているだけで、ホワイトハウスとバイデン氏の地元デラウェア州で少なくとも11件目になるとみられる。コマンダーはジャーマンシェパードの2歳。

今回の被害者はシークレットサービスの制服組部門の一員で、25日夜にコマンダーと接触した際、襲われたという。同警護隊の報道担当幹部によると、被害を受けた警護官は現場で手当てを受け、元気だという。

コマンダーは昨年11月、別の警護官の腕や足を押さえつけて入院させる事態も引き起こしていた。ホワイトハウス当局者は今年7月、この事件などを受けてバイデン夫妻は新たな訓練方法などを模索していると明かしてもいた。

バイデン氏の妻ジルさんの報道担当者はCNNの問い合わせに、「大統領の家族は、コマンダーが時には予測しがたい事態が起きるホワイトハウスの環境に対応できる方途を探し続けている」と声明で述べた。

バイデン夫妻は以前、これもジャーマンシェパードの「メジャー」を飼っていたが、かみつき事件を起こした後にホワイトハウスから去っていた。コマンダーは21年に移ってきていた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「バイデン大統領」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]