米国の子どもの死因、筆頭は殺人 銃の使用が最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の子どもの死因の1位が「殺人」だったことが新たな調査結果の発表によって明らかになった/Matt Rourke/AP

米国の子どもの死因の1位が「殺人」だったことが新たな調査結果の発表によって明らかになった/Matt Rourke/AP

(CNN) 米国の子どもの死亡原因は殺人が筆頭を占めるという調査結果が、19日の米医学誌JAMAに発表された。子どもの死因に占める殺人の割合は、ほぼ10年にわたり、毎年平均4.3%のペースで増え続けている。

中でも黒人の男の子の殺害は最も多く、子どもの殺害に使われる武器は銃が最多だった。

1999年から2020年の間に米国で殺人の犠牲になった子どもは3万8362人に上る。

特に19年から20年にかけては殺人の占める割合が急増。この期間だけで、殺害された子どもの数は27.7%増となった。

銃が関係する子どもの殺人事件は、19年から20年にかけて47.7%増えている。

性別でみると、男の子が殺害された事件は18年から20年にかけて16.1%増加。一方で、女の子が殺害された事件は1999年から2020年の間に減少している。

年齢別に死因を調べた結果、10歳以下の子どもの筆頭死因はネグレクト(育児放棄)や虐待だった。加害者は大抵が両親または保護者で、特に父親または母親のパートナーが多かった。

11歳以上の子どもの犠牲者は、大半がけんかや犯罪に巻き込まれるか、友人や知人に殺害されていた。

16~17歳の黒人少年の殺害率は、白人少年に比べて18倍、ヒスパニック系少年に比べて4.6倍に上った。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]