飼い主がハイキング中に落下しけが、犬が救助隊導く 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーダーコリーが飼い主の元へ救助隊を導いた/Nevada County Sheriff's Search & Rescue

ボーダーコリーが飼い主の元へ救助隊を導いた/Nevada County Sheriff's Search & Rescue

(CNN) 米カリフォルニア州ネバダ郡でこのほど、飼い犬がハイキング中に負傷した飼い主のもとに救助隊を導く出来事があった。

ネバダ郡の捜索救助当局がフェイスブックへの投稿で明らかにしたところによれば、飼い主の男性(53)は今月12日、ハイキング中に、約21メートルの距離を落下した。

男性が携帯電話のつながる地域にたどり着いて助けを呼ぶことができたのは翌日になってからだった。男性は落下によって腰と肋骨(ろっこつ)を骨折していた。25人の捜索隊が男性を見つけるために現場に派遣された。

ボーダーコリーの「サウル」は200メートル近く走って捜索隊のメンバー2人を発見すると、メンバーを飼い主のもとへと導いたという。

ネバダ郡保安官事務所の捜索隊のメンバーであるデニス・ハークさんは「最初は信じられなかった。映画のような話だった」と振り返った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]