米司法長官がウクライナ訪問 戦争犯罪捜査チームの新設を表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガーランド米司法長官とウクライナのウクライナのベネディクトワ検事総長/=ウクライナ西部リビウ・クラコベッツ/Nariman El-Mofty/AP

ガーランド米司法長官とウクライナのウクライナのベネディクトワ検事総長/=ウクライナ西部リビウ・クラコベッツ/Nariman El-Mofty/AP

(CNN) ガーランド米司法長官は21日、予告なしにウクライナを訪問し、同国での戦争犯罪を捜査する新たなチームを司法省に設けると発表した。

ガーランド氏によると、チームを率いるのは司法省で長年、ナチス・ドイツによる犯罪を追及してきたイーライ・ローゼンバウム氏。ナチス関係者100人以上の米市民権はく奪や国外追放を遂行した実績を持つ。チームのメンバーは、人権侵害や戦争犯罪の捜査に詳しい専門家らで構成する。

司法省はこれまでに、ロシアのプーチン大統領に近い新興財閥(オリガルヒ)の資産を凍結する制裁などを進めてきた。

ガーランド氏は「戦争犯罪人に隠れる場所はない」と述べ、ウクライナでの戦争犯罪や拷問に加担した者は全員、責任を追及する構えを示した。

同氏はまた、ロシアの制裁逃れをめぐってウクライナや欧州、中東諸国に助言するため、司法省から検事3人を派遣すると表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]