イーロン・マスク氏の娘、父との親族関係の断絶求める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イーロン・マスク氏の娘が父親との親族関係の断絶を求めていることが分かった/Philip Pacheco/AFP/Getty Images

イーロン・マスク氏の娘が父親との親族関係の断絶を求めていることが分かった/Philip Pacheco/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米電気自動車大手テスラや宇宙企業スペースXの最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏の娘が、カリフォルニア州の裁判所に名前と性別の変更を求めて申し立てを行っていたことがわかった。父親との親族関係を「方法や形を問わず」絶ちたいとしている。

この女性は今年18歳になってすぐ、ロサンゼルスの郡裁判所に「ビビアン・ジェンナ・ウィルソン」という名前への変更を申し立てた。ウィルソンは母親のジャスティン・ウィルソンさんの姓となる。ウィルソンさんはマスク氏の元妻で、マスク氏との間に5人の子どもをもうけた。マスク氏はほかに2人の子どもがいる。

マスク氏は推定2140億ドル(約29兆円)の資産を持つ世界一の富豪。

マスク氏は以前ツイッターで、性自認に関する投稿で批判を受けたことがある。2020年12月には代名詞に言及した投稿に批判が集まり、同氏は「トランスジェンダーを完全に支援する」と返答しつつも、代名詞については「美学的な悪夢だ」と発言。テスラが人権擁護団体から性的少数者(LGBTQ+)の平等を確保する仕事場で最高評価を得ているとも指摘した。

マスク氏は次回大統領選でフロリダ州のデサンティス知事支持に傾きつつある。デサンティス氏は最近、「ゲイと言ってはいけない」法と批判された法案を推進し、署名した。同法は州内の公立学校での同性愛やトランスジェンダーに関する議論を制限する内容。

24日には、娘の改名の件で審問が開かれる予定。

マスク氏は19日には父の日のあいさつをツイッターに投稿し、その後の投稿で「子ども全員をとても愛している」とも記していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]