米CDC、サル痘に「レベル2」の渡航勧告 注意強化を呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米CDCが「レベル2」の渡航勧告を出してサル痘に警戒するよう呼びかけている=米ニューヨーク/Adobe Stock

米CDCが「レベル2」の渡航勧告を出してサル痘に警戒するよう呼びかけている=米ニューヨーク/Adobe Stock

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は天然痘に似た感染症「サル痘」の感染拡大を受け、3段階で2番目の「レベル2」の渡航勧告を出して警戒を強めるよう促した。

CDCは「一般の人にとってのリスクは低い」としながらも、原因不明の発疹(体のどの部分にもできる)の症状が新たに現れた場合は、発熱や悪寒があってもなくてもすぐに医師の診察を受けるよう勧告している。

CDCの渡航勧告は、渡航先の感染状況に応じて以下の3段階に分類される。

・注意――レベル1「通常の注意」
・警戒――レベル2「注意強化」
・警告――レベル3「不要不急の渡航自粛」

ただしCDCの公式サイトでは、新型コロナウイルスのように渡航先ごとの警戒レベルの分類は行っていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]