米議会襲撃に対応後9日で自殺、警官を殉職と認定 妻が申し立て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亡くなった警官のジェフリー・スミスさん。米議会襲撃事件で負傷し、9日後に自殺した/Courtesy Jack Reznicki

亡くなった警官のジェフリー・スミスさん。米議会襲撃事件で負傷し、9日後に自殺した/Courtesy Jack Reznicki

(CNN) 昨年1月6日の米連邦議会議事堂襲撃事件に対応し9日後に自殺した警官の妻が、夫の死を殉職と認定するように求める数カ月にわたる闘争に勝利した。

CNNが独占入手した書簡によると、コロンビア特別区首都警察の警察官・消防士退職救済委員会は、警官のジェフリー・スミスさんが「2021年1月6日に職務遂行中に傷害を負い、そのけがが彼の死の唯一かつ直接の原因となった」と認定した。

この裁定により、スミスさんの遺族は給付金を受け取ることができるようになる。

同委員会は今月9日夜、スミスさんの妻エリン・スミスさんに対し、遺族給付を拒否した前回の決定を取り消し、亡き夫の給与と同額の年金を認める命令を出した。

エリンさんは昨年、夫の自殺を殉職と認定するよう退職救済委員会に申し立てていた。

エリンさんの弁護士デービッド・P・ウェーバー氏は、1月6日にスミスさんが暴徒に襲われ、金属棒で頭を殴られる様子を映したビデオを証拠として委員会に提出した。

スミスさんは暴動の9日後、バージニア州の自宅を出て車で出勤中に頭を銃で撃ち、死亡した。その日は、暴動で負ったけがと精神的トラウマの治療を経て仕事に復帰する初日だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]