米メルク、コロナ飲み薬「モルヌピラビル」の緊急使用許可を申請

米メルクが「モルヌピラビル」の緊急使用許可を米食品医薬品局に申請した/Merck & Co Inc/Reuters

米メルクが「モルヌピラビル」の緊急使用許可を米食品医薬品局に申請した/Merck & Co Inc/Reuters

(CNN) 米製薬大手メルクは11日、新型コロナウイルスの治療薬として、内服用カプセルの抗ウイルス剤「モルヌピラビル」の緊急使用許可(EUA)を米食品医薬品局(FDA)に申請した。

EUAが得られれば、新型コロナに対する初の経口治療薬となる。

モルヌピラビルは、メルクが米ベンチャー、リッジバック・バイオセラピューティクスと共同で開発した。成人で重症化する恐れのある感染者の治療に使われる。

700人あまりの患者にモルヌピラビルまたは偽薬(プラセボ)を投与した臨床研究の暫定結果で大きな効果が判明したため、この段階で急きょ申請したという。

同社によると、試験に参加した患者が29日後までに「入院または死」に至った割合は、モルヌピラビルを投与したグループが7.3%でプラセボを投与したグループの14.1%と比べ、ほぼ半分にとどまった。

29日後までに報告された死者は、モルヌピラビル投与のグループでゼロ、プラセボグループでは8人だった。参加者は全員、新型コロナのワクチンを接種していなかった。

メルクのロバート・デービス最高経営責任者(CEO)は「パンデミックの非常事態により、前例のない緊急対応が求められている」と強調。試験のデータを受け取ってから10日以内にFDAに申請したと述べ、年内に1000万回分の生産を予定していると説明した。

米政府とはすでに170万回分の供給契約を結んでいる。世界各地への供給に向けて価格を調整し、低中所得国向けにジェネリック医薬品(後発薬)メーカーとも協力する。

ファウチ国立アレルギー感染症研究所長は先週、メルクの試験結果を評価する一方、FDAが有効性、安全性を精査することは重要だと指摘していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]