「あなたは馬ではありません」 コロナ治療目的での家畜用医薬品服用、米当局が警告

米ミシシッピ州で、駆虫薬を新型コロナウイルス治療薬として服用したという人からの電話相談が増えている/Soumyabrata Roy/NurPhoto/Shutterstock

米ミシシッピ州で、駆虫薬を新型コロナウイルス治療薬として服用したという人からの電話相談が増えている/Soumyabrata Roy/NurPhoto/Shutterstock

(CNN) 米ミシシッピ州で、家畜用品店などで販売されている寄生虫の駆虫薬を新型コロナウイルス治療薬として服用したという人からの電話相談が増え、州衛生局が住民に注意喚起している。

州衛生局の20日の発表によると、毒物対策センターへの電話相談で、「イベルメクチン」という駆虫薬を服用したという人からの相談件数が増加した。そうした電話の少なくとも70%は、「家畜用品供給センターで購入した家畜・動物用イベルメクチンの服用」に関する相談だった。

イベルメクチンは人に使われる場合もあるが、抗ウイルス薬ではなく、米食品医薬品局(FDA)は新型コロナの治療薬としては承認していない。

州衛生局は患者に対し、「動物の治療ための医薬品を服用してはいけない。イベルメクチンは医師が処方した場合のみ、指示に従って服用しなければならない」と警告。「大型動物用の医薬品は濃度が高く、人間にとっては毒性が強い場合もある。イベルメクチンの毒性に関連する症状には発疹、嘔吐(おうと)、腹痛、神経障害などがあり、入院を必要とする重い肝炎を発症する可能性もある」とした。

電話相談者の85%は軽度の症状だったが、1人は服用したというイベルメクチンの量が多かったことから、詳しい検査を受けるよう指示したという。

FDAは21日、「あなたは馬ではありません。あなたは牛ではありません。皆さん、まじめな話です。やめてください」とツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]