観光客が押し寄せるベネチア、水上バスの大行列に武装警備員配備

観光客の受け入れを再開したイタリア・ベネチアだが、市内の主要観光地は長蛇の列ができるようになった/Tiziana Fabi/AFP/Getty Images

観光客の受け入れを再開したイタリア・ベネチアだが、市内の主要観光地は長蛇の列ができるようになった/Tiziana Fabi/AFP/Getty Images

(CNN) 閑散とした通り、静まり返った運河、人影が途絶えた橋。イタリア・ベネチアのロックダウン(都市封鎖)中の写真はSNSで共有されて衝撃を与え、入国規制が緩和されればすぐにも同地を訪れようと多くの人が考えた。

念願かなってこの夏、米国人の入国が認められ、欧州からの旅行者も車でバケーションに出かけるようになって、ベネチアに観光客が戻って来た。

そして行列も。

週末や休日になると、市内の主要観光地は長蛇の列ができるようになった。地元メディアによると。今週は人口5万人の同市に8万人の観光客が詰めかけた。

実際のところ、長蛇の列と、それに伴う争いが大きな問題になったため、この夏は武装した警備員が配備されて雑踏への対応に当たっている。

パンデミックが始まって以来、比較的観光客の少ない状況に慣れていた同市だが、夏の初めから突如として観光客が急増すると、争いが表面化した。

イタリアは公共交通機関を利用できる乗客の数に今も制限を設けている。ベネチアのあるベネト州は「ホワイトゾーン」に分類され、定員の80%までしか乗車できない。「イエローゾーン」に分類されていた6月までは50%が上限だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]