米シアトルで銃撃相次ぐ 未明の3時間で4件、3人死亡

米北西部ワシントン州シアトルで、3時間のうちに4件の銃撃事件が発生して、8人が死傷した/Google Maps

米北西部ワシントン州シアトルで、3時間のうちに4件の銃撃事件が発生して、8人が死傷した/Google Maps

(CNN) 米北西部ワシントン州シアトルの警察によると、同市内で25日未明、3時間のうちに4件の銃撃事件が発生し、3人が死亡した。

最初の銃撃は午前1時48分ごろ、中心街の北西に位置するベルタウン地区のバーの前で起きた。店員によると、店内でけんかを始めた客が外の駐車場に出た。出動した警官が銃声を聞き、撃たれた男性を発見した。男性は蘇生措置のかいなく死亡が確認されたという。

続いて午前2時30分ごろ、3キロあまり南のオキシデンタル広場から通報があり、出動した警官が銃で撃たれた男性2人を発見。このうち1人は病院へ搬送され、もう1人は現場で死亡が確認された。さらに負傷者3人が自家用車で病院へ運ばれ、うち1人が死亡した。

午前3時30分ごろには、腹部を銃で撃たれた女性がシアトル郊外ベルビューの病院を受診した。女性は調べに対し、シアトル市内で銃撃を受けたと話した。警察はこの銃撃について、オキシデンタル広場の現場から3キロあまり離れたチャイナタウン地区で午前1時40分ごろに起きたと断定した。

さらに午前4時40分ごろ、中心街の北東にあるカル・アンダーソン公園から発砲の緊急通報があった。負傷した男性1人が市内の病院で手当てを受け、バスケットボールの試合後に撃たれたと話した。

4件の間に関連はないとされる。警察は各事件について、市民に情報提供を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]