バイデン氏、LGBTQ公表の2選手に支持表明

性的少数者であることを公表したプロスポーツ選手2人をバイデン氏が支持/Zach Gibson/Getty Images

性的少数者であることを公表したプロスポーツ選手2人をバイデン氏が支持/Zach Gibson/Getty Images

ワシントン(CNN) バイデン米大統領は22日のツイートで、性的少数者(LGBTQ)であることを最近公表した米プロフットボールリーグ(NFL)のカール・ナシブ選手と、米女子プロサッカーリーグ(NWSL)の横山久美選手の勇気を称賛し、両選手への支持を表明した。

ナシブ選手は21日、インスタグラムに投稿した動画で同性愛を公表。元サッカー日本代表の横山選手は19日、ユーチューブに投稿した動画の中で、心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを明かしていた。

バイデン氏はツイートを通し、「2人のおかげで、今や世界中で数え切れないほどの子どもたちが、自分自身を新たな目で見直している」と強調した。

バイデン氏はこれまで性的少数者への支持を繰り返し表明してきた。この春の議会演説では、各地でトランスジェンダー選手のスポーツ参加を禁止する州法が成立している動きに対し、反対の立場を明言した。

またバイデン政権は先週、学校での性差別を禁止する法律が性的少数者に適用されないとしていたトランプ前政権の立場を覆し、性的指向や性自認に基づく差別も禁止対象になるとの見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]