米グリーンベレー元将校が禁錮刑、ロシアに諜報を15年漏出

ロシアの工作員に15年余にわたって米軍事情報を流していた罪で米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」の元隊員が禁錮刑の判決を受けた/Ramin Talaie/Getty Images

ロシアの工作員に15年余にわたって米軍事情報を流していた罪で米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」の元隊員が禁錮刑の判決を受けた/Ramin Talaie/Getty Images

ワシントン(CNN) 米司法省は16日までに、ロシアの工作員に15年余にわたって米軍事情報を流していた罪で米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」の元隊員の男(46)が連邦刑務所での禁錮188カ月間の判決を受けたと発表した。

米バージニア州ゲインズビル居住のピーター・ラファエル・ジビンスキー・デビンズ被告は罪を認めた。

同州東部地区管轄の検察当局によると、ロシア側への諜報(ちょうほう)漏出は、ロシアへ再三渡航し、ロシア情報機関の工作員と会った1996年から始まった。

被告はその後、暗号名も付与され、「ロシア側への奉仕を望む」ことなどを記した合意書にも署名していたという。

今回の事件担当の検事は「被告は再三、目に余る売国行為を働いた」と非難。「諜報漏出で米国の国家安全保障と同僚でもある軍兵士の安全性を危険にさらした」と断じた。

被告はロシア側から別名を与えられた後、米陸軍への入隊を促され、1998年から2005年にかけ化学兵器などへの防護に当たる部隊に編入された。その後、グリーンベレー隊員に選抜され、大尉まで昇進していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]