米NY市の男、アジア系住民への暴力で起訴 1カ月に3件

アジア系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)などの容疑でジョセフ・ルッソ被告が起訴された/NYPD Crime Stoppers

アジア系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)などの容疑でジョセフ・ルッソ被告が起訴された/NYPD Crime Stoppers

(CNN) 米ニューヨーク市警によると、市内で過去1カ月に3人のアジア系住民を襲ったとして、同市ブルックリン在住の男が起訴された。

法廷文書によると、ジョセフ・ルッソ被告(28)はアジア系の男女3人に対する脅しや嫌がらせから暴行のヘイトクライム(憎悪犯罪)まで、計23件の罪に問われている。

調べによると、同被告は先月5日、アジア系の女性(64)を地面に押し倒して立ち去った。

続いて22日午前、別のアジア系女性(32)の髪を引っ張り、頭と首に苦痛を与えた。犯行時に言葉のやり取りはなく、女性の持ち物も奪われてはいなかったという。

今月5日には、ブルックリンの住宅地にあるスーパの前でアジア系男性(77)を押し倒し、片腕に打撲傷を負わせた。この時も言葉は交わさなかった。負傷した男性は病院での診察を断った。

NYPDによれば、被告は当初、コカインの残りかすや使用するための道具を所持していたとして、薬物容疑で逮捕されていた。

ニューヨーク市内では今年初めから3月末までにアジア系を狙ったヘイトクライムが31件報告された。昨年の同じ時期の報告は0件だった。アジア系への暴力は全米各地で増加傾向にあり、公式のデータだけでは全容が把握できていない可能性が高い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]