トランプ氏居住の邸宅でコロナ感染判明、一部施設を閉鎖

トランプ氏居住の邸宅でコロナ感染判明、一部施設を閉鎖

(CNN) トランプ前米大統領が保有し、退任後の居住先としてもいる米フロリダ州にある高級会員リゾート「マール・ア・ラーゴ」で新型コロナウイルスの感染が判明し、一部施設の閉鎖などに追い込まれていることが20日までにわかった。

会員向けの電子メール連絡で19日午後に判明した。CNNはこのメールや内容を確認した。

一部の従業員らの感染が見つかり、食堂が閉鎖され、海岸にある施設のサービスが中断したという。

メールの内容によると、宴会や催事の開催サービスは通常通り実施されている。「米疾病対策センター(CDC)の指針に従った全ての適切な対応措置が既に講じられた」とし、影響を受けた区画や施設全てで徹底的な消毒や洗浄作業を行っているとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]