米上院、グランホルム・エネルギー長官の指名承認

エネルギー長官の人事に関する公聴会に出席したジェニファー・グランホルム氏=1月27日、米ワシントン州/Jim Watson/Pool/Getty Images

エネルギー長官の人事に関する公聴会に出席したジェニファー・グランホルム氏=1月27日、米ワシントン州/Jim Watson/Pool/Getty Images

(CNN) 米上院は25日、バイデン大統領がエネルギー長官に指名したジェニファー・グランホルム元ミシガン州知事の人事案を64ー35で承認した。

グランホルム氏は長年にわたりエネルギー問題に深い関心を寄せており、2016年の大統領選でヒラリー・クリントン氏が当選していればエネルギー長官に就任する最有力候補と目されていた。

ミシガン州知事を2期務めた経歴を持ち、同州の公式ウェブサイト上にある本人の履歴によると同州初の女性知事だという。06年に再選を果たしたときの得票数は当時の最多記録だった。

州知事選出前の1998年には州の司法長官にも選ばれていた。こちらも女性として初の就任だった。

以前はCNNへの寄稿者でもあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]