オバマ前米大統領、国家分断を懸念 民主主義の危機に言及

オバマ氏、選挙結果は米国の「分断」示す

(CNN) オバマ前米大統領は15日放送のテレビインタビュー番組で、大統領選の結果は米国の深い分断を示していると懸念を示した。また別の番組では、トランプ大統領が根拠なく不正選挙を主張する態度は民主主義を危険にさらすと批判した。

オバマ氏は17日の回想録発売に向け、複数の番組に登場している。

米CBSの15日朝の番組で国家分断を指摘し、「双方が全く異なる事実を基に動いている状態で、民主主義が機能するのはとても難しい」と懸念を示した。

大統領選で自身が民主党のバイデン前副大統領を積極的にてこ入れし、歴代大統領が避けてきた現職批判にも踏み込んだことについては、もともと本意ではなかったとしたうえで、「今回の選挙では極めて重要な規範や制度上の価値観が侵害されているという状況があった」「かつて大統領職にあった者として、人々にこれは正常でないと知らせることが重要だと考えた」と説明した。

同日放送のCBSの別の番組では、平和的な政権移行の重要性を強調。「大統領は一時的な職務であり、ルールや法律の適用を免れるわけではない。そこがわれわれの民主主義の真髄(しんずい)だ」と述べた。

バイデン氏に助言したいことはという質問には、助言は必要ないだろうと答える一方、できる限り応援するつもりだと表明。「突然ホワイトハウスのスタッフに加わったりするつもりはない」とも語り、そんなことをすればミシェル夫人に見捨てられると冗談を飛ばした。

トランプ氏がオバマ氏への攻撃的な発言を繰り返してきたことについては「破壊的で有害な発言が多いと思うが、私はたいてい個人攻撃とはとらえないし、まともに受け取りもしない」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]