米国の新型コロナ死者、来月初めに最大28万人超に CDC予測

新型コロナの患者に治療を施す医療従事者ら=10月31日、米テキサス州ヒューストン/Go Nakamura/Getty Images

新型コロナの患者に治療を施す医療従事者ら=10月31日、米テキサス州ヒューストン/Go Nakamura/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は12日、新型コロナウイルス感染による米国内の死者が来月5日までに26万~28万2000人に上るとする新たな予想を発表した。

CDCは複数の機関から報告された予想を総合し、数週間後までの見通しを発表している。今月5日の前回発表では、28日までに26万6000人が死亡すると予想していた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国でのこれまでの感染者は少なくとも1050万人、死者は24万2000人あまり。

11日の死者は1893人を記録した。入院患者は2日連続で最多記録を更新、新規感染者は少なくとも9日連続で10万人を超えた。

米国では親族らが集まり伝統的な食事を楽しむ感謝祭の祝日を26日に控えて、感染がさらに拡大する事態が懸念され、専門家らが注意を呼び掛けている。帰省する大学生がキャンパスから新型ウイルスを持ち込むケースも考えられる。

一方、米ギャラップが先月19日から今月1日にかけて実施した世論調査によると、地域での感染拡大を受けて保健当局が1カ月の外出制限を求めた場合、従う可能性が「非常に高い」と答えた人は49%と、今年春の67%を大きく下回った。従う可能性が「低い」との回答が約3分の1を占めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]