トランプ氏、G7サミットは大統領選後の開催を検討

トランプ氏がG7サミットの開催を大統領選後にしたいと表明/Alex Wong/Getty Images

トランプ氏がG7サミットの開催を大統領選後にしたいと表明/Alex Wong/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領は10日の記者会見で、今年の主要7カ国首脳会議(G7サミット)について、11月の大統領選後に開催することが望ましいとの考えを示した。

今年のG7サミットは米国が議長国を務める。当初は6月にワシントン郊外にある大統領専用の山荘「キャンプデービッド」で開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期。テレビ会議での開催も検討されたが、トランプ氏は5月、秋に対面式で実施したいとの考えを示していた。

トランプ氏は会見で、「私としては大統領選後のどこかの時点で開催したい気持ちが強い」「9月に開こうとしていた」と語った。

各国首脳とは協議中で、今のところ正式な招待はしていないという。

トランプ氏はまた、G7構成国以外の首脳も招くつもりだと話し、プーチン・ロシア大統領の参加について問われると「もちろん招待したい。かれは重要な要素だと思う」と答えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]