「強姦」した教え子と服役後に結婚の元教師、がんで死去 米

「強姦」した教え子と服役後に結婚して話題を集めた元教師の女性ががんで死去/Alan Berner/AP

「強姦」した教え子と服役後に結婚して話題を集めた元教師の女性ががんで死去/Alan Berner/AP

(CNN) 教師時代に教え子の少年(当時13)と性的関係を持ったとして7年間服役し、出所後に同じ相手と結婚して世間をにぎわせた女性が6日深夜、がんのため死去した。58歳だった。

元担当弁護士がCNNに語ったところによると、メアリー・ケイ・ルトーノーさんは容体が急変し、自宅で亡くなった。元教え子で結婚相手だったビリ・フアラアウさんや家族が見守るなかで息を引き取ったという。

ルトーノーさんは34歳だった1997年、フアラアウさんを強姦した罪を認めた。服役前にフアラアウさんとの1人目の子どもを出産し、その後2人目も生まれた。

2人はルトーノーさんが出所した直後の2005年に結婚。しかし結婚12周年を迎えようとしていた17年にフアラアウさんが離婚を申請した。申請理由は不明だが、その後離婚が成立していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]