バイデン氏、民主党の候補指名が確定 必要な代議員数に到達

米大統領選に挑む民主党の候補者にバイデン氏が指名されることが決まった/Jonathan Bachman/Getty Images

米大統領選に挑む民主党の候補者にバイデン氏が指名されることが決まった/Jonathan Bachman/Getty Images

(CNN) 11月の米大統領選で民主党からの指名を目指すジョー・バイデン前副大統領が、必要な数の代議員を獲得し、公式に党指名を得ることが決まった。CNNが6日に算定した。

バイデン氏についてはバーニー・サンダース上院議員が予備選から撤退した4月以降、指名獲得が確実視されていた。6日に米領グアムで行われた党員集会で勝利したことにより、バイデン氏の獲得した代議員数は指名に必要な1991人を上回った。

CNNが集計したバイデン氏の現在の獲得代議員数は1992人。

バイデン氏は声明で「これまで民主党から出馬した中で最も優秀な部類の候補者たちと選挙戦を戦えたのは名誉なことだった。ここから本選に向け、党一丸となって臨むと誇りをもって宣言する」と述べた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4~5月に予定されていた予備選のほとんどは延期となり、候補者本人が出向いての選挙活動も中止を余儀なくされた。

バイデン氏は9日に開かれるジョージア州とウェストバージニア州での予備選でさらに代議員を獲得するとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]