ミシェル夫人、高校時代のドレス姿を披露 投票促進キャンペーンで

ミシェル・オバマ夫人が、全米の高校生に有権者登録を促すキャンペーンの一環で、ツイッター上に高校時代のドレス姿の写真を投稿した/Shannon Finney/Getty Images North America/Getty Images

ミシェル・オバマ夫人が、全米の高校生に有権者登録を促すキャンペーンの一環で、ツイッター上に高校時代のドレス姿の写真を投稿した/Shannon Finney/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) ミシェル・オバマ前米大統領夫人が18日、ツイッター上で高校時代のドレス姿の写真を披露した。全米の高校生に有権者登録を促すキャンペーンの一環だ。

ミシェル夫人は2018年、著名人らとともに選挙への参加を呼び掛ける非営利組織「ホエン・ウィー・オール・ボート(WWAV)」を設立。この組織が音楽専門チャンネルのMTVと提携し、高校での有権者登録を促進するキャンペーンを展開している。

全米の高校からユニークで効果的な有権者登録のアイデアを募り、入選した20校には「プロム」と呼ばれる卒業ダンスパーティーの開催費として5000ドル(約55万円)を贈呈する。締め切りは来月13日だ。

ミシェル夫人はツイッターに1982年のプロムでの写真を投稿し、高校生らにアイデアの応募を呼び掛けた。

このキャンペーンに賛同して、女優のケリー・ワシントンさんもプロムの写真を投稿し、「皆さんにも忘れられないプロムを」と書き込んだ。

もう1人の人気女優、トレイシー・エリス・ロスさんも90年のプロムで着たドレス姿の写真を披露。「プロムは楽しかったけど、初めての投票は人生を変えた」とツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]