オバマ氏が高校で着たバスケ・ユニホーム、1280万円で落札

オバマ前大統領が時代に着用したユニホームが競売にかけられ、12万ドルで落札された/ Heritage Auctions, HA.com

オバマ前大統領が時代に着用したユニホームが競売にかけられ、12万ドルで落札された/ Heritage Auctions, HA.com

(CNN) オバマ前米大統領が高校のバスケットボールチームで着用していたユニホームがオークションにかけられ、匿名の人物が12万ドル(約1280万円)で落札した。

オバマ氏は当時、ハワイ州ホノルルの私立名門校に在籍。高校3年生だった1979年、州大会で優勝したバスケの代表チームでは背番号23をつけていた。

23番のユニホームはこれまで3年下の後輩、ピーター・ノーブル氏が持っていた。ノーブル氏はオバマ氏が大統領に選ばれた後、スポーツ誌の写真で同氏の高校時代の写真を見かけるまで、自分が背番号を引き継いでいたことを知らなかったという。

オバマ氏は大統領在任中に即席チームで試合をしたり、最近も全米プロバスケ(NBA)の試合を観戦したりと、バスケ好きで知られる。

出品されたユニホームには、ノーブル氏の証明書と1979年の卒業アルバムが添えられていた。収益の一部は同校に寄付される。

オークションを主催した競売会社の報道担当者によると、ほかの品目への入札が7~8件だったのに対し、ユニホームには27件の入札が殺到した。

最高値がつくと予想されていたプロ野球選手タイ・カッブとベーブ・ルースのサイン入り写真は11万1000ドルで落札され、オバマ氏のユニホームに及ばなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]