ハリケーン接近、保護動物411匹の避難先探す 米団体

ハリケーンの接近を受けて、フロリダ州の動物保護団体が動物の受け入れ先などを探している

ハリケーンの接近を受けて、フロリダ州の動物保護団体が動物の受け入れ先などを探している

(CNN) 大型ハリケーン「ドリアン」がフロリダ州など米本土へ接近する中で同州の野生動物保護団体は9月1日までに、世話する動物411匹を預ける家庭などを探していることを明らかにした。

地元のCNN系列局WFORが伝えた。見つからない場合、一部の動物は野生の環境に放されるともした。

同州フォートローダーデールに拠点を置く非営利機関「サウスフロリダ・ワイルドライフセンター」は負傷したり親と離ればなれとなったりしたフクロウ、リス、アヒルや有袋類のオポッサムなど411匹を飼育している。

体の機能回復を図った後、野生の環境に戻す作業に努めている。ドリアン接近を受け実際に戻し始めているという。動物はハリケーンに襲われた際、檻(おり)の中にいるより野生の環境にいて動物の本能を生かした行動をする方がより安全との指摘もある。

フォートローダーデールはドリアの暴風圏内にある。

ハリケーン接近は人間と同様、野生の動物やペットにとっても大きな災難となる。2年前に米テキサス州を襲った「ハービー」では洪水の水位が大きく上昇した際、飼い主とはぐれるペットが出現。生息地から引き離される野生の動物も相次いだ。

米南東部のサウスカロライナ州チャールストンで活動する動物保護団体は今回のドリアン接近を受け、進路内にいる動物への世話の準備をしている。地元のCNN系列局WCBDによると、先月30日には同州からフロリダ州にかけて活動し、避難施設に入れる動物60〜100匹を保護したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]