米靴ブランド、ブラジルの皮革利用中止 アマゾン火災に抗議

ブラジルの森林火災をめぐり、米企業が皮革の輸入を取りやめる方針を示した/JOAO LAET/AFP/AFP/Getty Images

ブラジルの森林火災をめぐり、米企業が皮革の輸入を取りやめる方針を示した/JOAO LAET/AFP/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN Business) ブラジルなどのアマゾン熱帯雨林で森林火災が広がっている問題で「ティンバーランド」や「ヴァンズ」などのブランド名の靴メーカーを傘下に置く米企業「VFコーポレーション」は9月1日までに、火災が続く間、同国からの皮革輸入を中止すると発表した。

大手企業がアマゾン火災に対処した経営方針を打ち出すのは初めて。同社はアパレルや靴など履物の大手。

VF社は声明で、自社製品に使われる素材がブラジルの環境の悪化につながっていないとの信頼や確信を得るまで皮革の購入をやめると強調した。

地球上の酸素の約2割を生みだし「地球の肺」とも呼ばれるアマゾン熱帯雨林での大規模火災が国際社会の批判を受けていることを踏まえた措置とみられる。また、ブラジルのボルソナーロ大統領が消火に消極姿勢を当初示し、非難を浴びたことに配慮したともみられる。

今回の火災拡大については牛肉や皮革の需要を満たすため放牧場整備を狙った熱帯雨林での野焼きなどによる開墾が大きな原因との指摘もある。森林火災は今年、8万件を超えたともされる。

アマゾン地域は8カ国に広がり、南米大陸の面積の4割を占める。

ボルソナーロ大統領はアマゾン地域での開発の重要性を再三主張。今回の火災の責任は同大統領に一部あるとの非難も否定していた。

フランスで先に開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)では消火対策などの資金援助を表明したが、ボルソナーロ氏はこれを拒否。その後、国際社会の批判などを受け、条件付きでの受諾の意思を示すなど態度を軟化させていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]