運転中に逆上、誤って夫を銃撃 妻を殺人未遂で逮捕 米

エリカ・コール容疑者。誤って夫を銃で撃った疑いが持たれている/Cullman County Sheriff Dept.

エリカ・コール容疑者。誤って夫を銃で撃った疑いが持たれている/Cullman County Sheriff Dept.

(CNN) 米アラバマ州で、他人の運転に逆上して危険行為に及ぶロードレイジ事件があり、男性1人が頭部を銃撃されて重傷を負った。警察は、この男性の妻が誤って夫を銃撃したとして、殺人未遂などの容疑で逮捕した。

カルマン郡保安官事務所によると、ロードレイジは同州ドッジシティの幹線道路で6日午後6時45分ごろ発生。ブレーメン市内にある民家前の道路に至るまで争いが続いた。

逮捕されたエリカ・コール容疑者は、けんかの相手を撃とうとして、誤って夫のニコラス・コールさんの頭部を銃撃した疑いが持たれている。

ニコラスさんは病院に搬送され、8日現在、集中治療室に入院している。

エリカ容疑者は殺人未遂や暴行などの容疑で逮捕され、3万ドルの保釈金が設定された。現在はカルマン郡の施設で勾留されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]