米軍、不適切投稿で謝罪 大みそかに爆弾投下の動画

米軍ツイッター、大みそかに爆弾投下の動画投稿

ワシントン(CNN) 米戦略軍は12月31日、大みそかのメッセージとしてツイッターに、B2爆撃機が大型爆弾を投下する様子をとらえた動画を投稿した。戦略軍はその後、投稿を削除し、「悪趣味だった」として謝罪している。

戦略軍のツイートではまず、ニューヨーク中心部のタイムズスクエアで行われる年越しの伝統行事「ボールドロップ」に言及。そのうえで「必要であれば、我々はもっともっと大きな物を投下する用意がある」と書き込んだ。

一緒に投稿された動画には、B2爆撃機が試験場で「大型貫通爆弾(MOP)」を投下する様子が映っている。

MOPは核爆弾ではなく通常爆弾で、「地中貫通爆弾(バンカーバスター)」としても知られる。

戦略軍の報道官はCNNの取材に、投稿内容について、軍の優先順位を示したものだと説明した。大みそかであっても米軍が即応態勢を維持していることを米国民に伝え、安心してもらう狙いだったとしている。

戦略軍はこの後、ツイッターで「先の投稿は悪趣味であり、我々の価値観を反映したものではない」と述べて謝罪。米国や同盟国の安全保障への決意を強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]