クマよけスプレーからガス漏れ、24人入院 米アマゾン配送所

アマゾンの配送センターでクマよけスプレーからガスが漏れ、従業員が病院に搬送された/Bloomberg/Getty Images

アマゾンの配送センターでクマよけスプレーからガスが漏れ、従業員が病院に搬送された/Bloomberg/Getty Images

(CNN) 米ニュージャージー州ロビンズビル・タウンシップの自治体当局は5日、地元にあるネット通販大手、米アマゾンの配送センター内でクマよけスプレーの容器に穴が開いて有毒性ガスが施設内に流れ、従業員24人が病院に搬送されたと発表した。

呼吸困難、目やのどにしゃく熱感の症状が出ているという。1人が重症となっている。ただ、アマゾンの広報担当者によると、病院に運ばれた24人の全員が6日夕までには退院出来る見通しとなっている。

何らかの体調異変を訴えた従業員は計54人となっている。

ガス漏出は機器がスプレー缶に穴を開けたのが原因。初期段階の調査では、缶が棚から落ちたとの情報もあったが、ロビンズビル・タウンシップの行政当局者は自動式の機器が重さ9オンス(約255グラム)のスプレー缶を突き刺したのが原因と結論付けた。

クマよけスプレーは護身用の催涙スプレーと似ている。米魚類野生生物局はクマの攻撃対策として銃などに比べスプレーがより安全で効果的と利用を勧めている。

ガス漏出で広さ130万平方フィート(約12万平方メートル)の配送センターの一角で避難指示が出されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]